12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Trackback
what time is it?
counter
無料カウンター
.
あわせて読みたいブログパーツ
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
<< 調子が出ない | main | 手をパタパタ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

五月の出来事

五月も今日で終わり。
今年の五月は春を楽しめなかった。
というのも


持病の潰瘍性大腸炎の悪化で、下痢と下血を繰り返していた4月末。
病院に受診して五月初旬に内視鏡検査する予定になった。



その下痢と下血に不安で本格的に入院して治療しなくちゃ
だめかなぁと思っていた内視鏡検査の3日前に
生理が遅れている事に気がつく。
体調が悪かったしホルモンバランスが崩れて
おくれているんだろうと思っていて
2、3日遅れてた時点では妊娠の事など考えもしなかった。
自分の希望としては、秋以降に授かりたいな〜と思っていた。


でも、4、5日とすぎもしかして?と思って妊娠検査薬を試したら
陽性反応。
嬉しいという気持ちよりも、「どうしよう」という気持ちが強くて
帰って来た点線顔にもなかなかこの事を言えずもじもじ。
私の様子が変な事を見抜いて「何かあったでしょ?」
「仕事でなんかあった?」と聞いてくる。


ようやく話したけど、病気の事でイッパイいっぱいなのに
予想外の妊娠でどうしていいかわからない
喜ぶべき状況なのに、素直に喜べない自分が嫌だと泣く。
それを黙って抱きしめて話しを聞いてくれてた点線顔。

翌日、産婦人科へ受診
胎のうが確認されて、妊娠していた。4週目だそう。
エコー写真には楕円の小さな豆のような形
この画像をみて、初めて妊娠して嬉しいと思った。

先生に、潰瘍性大腸炎で3日後に内視鏡検査をすることと
今ちょうど悪化していることなど相談。
母体の健康優先なので検査はしてくださいと言われ
でも、検査時に使う麻酔薬はなるべく使わないで頑張ってみて
くださいと言われる。また、飲んでいる薬には催奇形性などはないけれど
赤ちゃんが血液系疾患を持って産まれる可能性があると言われる。
今回の悪化で薬の量を増やしたのだ。
本当は、潰瘍性大腸炎の症状が落ち着いて薬を減量してからの
家族計画がよかったんだろうけど。

点線顔と話しをする。検査はちゃんと受けて
万が一、流産などの結果になってもちゃんと治療をしようと決めた。

内視鏡検査の担当の先生も、今回の事を理解してくれて
麻酔なし、腸の動きを止める薬なども使わずに検査する事に。
麻酔なしで検査した事が無かったので、とてもとても辛かった。痛かった。
幸い、活動性ではなく出血も止まっていて潰瘍の跡が残っている
程度だったので何カ所か細胞生検をして悪性の物ではないかを調べる事に。

それから2週間。
色々な不安とつわりでなのか更に輪をかけた体調不良をしのぎ、
仕事も休む訳には行かず頑張って過ごして、二回目の産科受診に行く。
豆粒だったのがうっすらと二頭身の小さい人に成長している!!
心拍も確認され週数からしても順調な経過ですと言われる。
エコーモニターで見た時、嬉しくて涙がにじむ。
次は三週間後の検診になる。
真っ先に点線顔に報告メールするも
嬉しくて気持ちが先走り、本文作成途中に送信してしまった。
けれど、間髪いれずに「よかったね!!」と返事が来た。

そのあと、生検の検査結果を聞きに消化器内科へ行く。
悪性の物は無かったと聞き安心する。

私の場合、合併症があり消化器内科と合わせて診てもらった方がいいと
言う事で大学病院で出産することになった。しかも、出産予定日が一月なのに
もう入院予約して行ってくださいと言われる。言われるがまま、入院予約をする。
12月はもう予約閉め切っていた。
総合周産期母子センターを持っている病院なので正常なお産の人は制限しているみたい。

そんなこんなで、気持ちに一区切りがつき
あんな辛い内視鏡検査を一緒に乗り越え、すくすく育っている
お腹の中の小さい人を思うと頑張るしかない!と前向きになっている。

点線顔は、私の思った以上に理解のある人だった
料理も洗濯も掃除もやってくれ
手抜きのご飯に文句も言わず
体調を気づかってくれる

つわりは妊娠発覚あたりが辛かった(大腸炎もひどかったんだと思う)
熱が出たし、口内炎と喉の痛みでご飯が食べれなかったし、気持ち悪い。
下血していたので貧血もあって、フラフラしていた。
今は、ご飯も食べれるようになり、気持ち悪さはあるけれど
戻したりはしていないだけありがたい。下痢も止まった。
仕事も夜勤は5月で免除してもらい、6月からは日勤だけにしてもらった。

これから、二人で協力して暮らして行かないとと毎日思う。
本当は9月にパリに新婚旅行に行く予定だったが
何年か後の楽しみにとっておくことに。

点線顔と出会って、いろんな刺激を受け、感化され
去年はカナダで過ごし
帰国してから、両親への挨拶、引っ越し、入籍としていって
本当に点線顔と出会えて、夫婦になれてよかった。
早く子供が欲しいと言っていた私達の元に
待ってました!と早速来てくれたお腹の中の小さな人にも
感謝している。


問題は山積みだけど、ポジティブにこれからの日々を過ごそう。
| - | 21:33 | comments(4) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 21:33 | - | - |
Comment
ルウナちゃん

妊娠してから本当に子供は授かり物だと実感しているよ。
意味があるんだなって。人生の伴侶とよく言うけど、二人だからこそ乗り越えられるのも身にしみて来ているよ。今まで通り喧嘩もするし、キャピキャピの恋人気分も無くなったけどこれから来るであろう「絆」というものに大いなる期待をしているよ。

ルウナちゃんも新しい環境で色んな事があるだろうね。
そんなときは、お互いポツリポツリと話せたらいいねぇ。
2010/07/22 9:53 PM, from akiko
ほんとうに、おめでとう。

きっとふたりのあかんぼは、
今だからこそ、このタイミングだからこそ、
アッキーのお腹にやってきてくれたんだと思うなぁ。

難しい名前のアッキーの持病と、妊娠、、。
苦労も苦悩もひとしきりだけども、
これはきっとアッキーという人生に、必要なことだったのかも。

そしてこれらを乗り越えるために、
ひとりだったらしんどいわけだから、
点線さんに出会ったわけだなぁ。


これからは夫婦ふたりだから。
夫婦って、もはやふたりでひとつだから。
これからはもう、3人の家族だから。

そして、友達、仕事、親、見回せばたくさんの人が
アッキーを助けてくれるはずだから、絶対に大丈夫。
いろんな人に、うんと甘えて、助けてもらったらいいよ。

子供を持つと、本当に、信じられないような
今まで体験したことないような、
深い深い絆をたくさん手にするんだよなぁ、、。



と、私は、そんな風に強く思ったんだよ。
がんばってね、という、応援の言葉にかえて。






2010/07/16 6:56 AM, from ルウナ
ココちゃん、ありがとう!

ココちゃんが色々教えてくれるおかげで
とても心強いし、それがとても嬉しいよー。
自分は医療者なのに、いざ自分のことになると(笑)
そんなもんだよね。

>お互い健康な赤ちゃんを産めますよう!
私、今のところお腹の赤ちゃんが大きくなりますようにと思ってばかりいたから、産むという事まで思考回路が繋がっていなかったー。そうだよね、無事に元気な赤ちゃんを産めますように!!
2010/06/01 9:31 PM, from akiko
なんだか涙がにじんだ日記でした。
本当におめでとう!
病気と妊娠生活と、大変だろうけど
身体が辛いときはほんと無理せず
点線顔くんにも甘えて、大事に過ごしてください。

私は2回目の妊娠でも
この間エコーを見て、もう指や背骨がしっかりと
見えて本当に感動しました。
これからきっと感動がいっぱいだねー。

お互い健康な赤ちゃんを産めますよう!
願いはそれだけです。

身体大事にね。
2010/05/31 10:05 PM, from ココ









Trackback
url: http://starrises.jugem.jp/trackback/314