11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Trackback
what time is it?
counter
無料カウンター
.
あわせて読みたいブログパーツ
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
<< 夏休み | main | 青池と展望風呂 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

恐山


 26日は私が楽しみにしていた恐山へ
ずっと晴れていたのに、なぜか今日だけ雨
雨のふるなか、まだ時間も早かったせいか人気のすくない恐山







一面、硫黄の匂いと灰色の景色
近くには宇曽利湖という湖があり
霧をはらんで、本当に三途の川のようにぼんやりする景色

雨だったせいもあるんだろうけど
水墨画のような世界で、あの世ってこんな感じなのかもと
思わせるような色のなさだった。
個人的にはとても楽しみにしていた。が、
宿の温泉が硫黄で夕飯前に一回、朝起きてから一回と
二回入浴し、さらには恐山での硫黄の匂いに酔った?のか
途中でなんだか気持ち悪くなり全部見切れずに車で待機していた。

点線顔はかなりツボったらしく、一番最後まで隅々まで見て
「あと2時間はここにいれそう」と言って帰ってきた。
有名なイタコは通常時は、恐山にはいないらしい。
7月にお祭りがあって、そのときは来るらしいんだけど
イタコと恐山は関係ないらしく
恐山の境内の場所をイタコに提供しているだけだそう・・・
なんだかなぁー

ともあれ、ちょっと吐きそうになりながら
下北半島のもう一つの岬、尻屋崎へ

ここには、寒立馬(かんだちめ)という野生のお馬さんがいて
保護されているんだと。私らはお馬さんがみたいが為に
執念で二回も保護区域ないをぐるぐる回り
諦めて帰るか〜と言ったその時!!保護区域外で発見(笑)
普通の馬より足腰がガッチりで小柄で毛がフサフサだったー
群れでくらしているらしく、中には小さい馬もいた。


そこから原発のある六ヶ所村を通り
津軽地方に戻る
青森には細かく分けるといろんな「ねぶた」や「ねぷた」があって
五所川原市には立ねぶたがある
このたちねぷたの館に行って来た

高さがハンパないんだ!このねぷた。20mもある
地元の観光地っていつでも見れると思って行かないんだけど
案外楽しかったー

四人とも硫黄の匂いを漂わせて
帰宅した。洗濯してもなんとなく匂う気がするふらふら
| 旅行 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 12:13 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://starrises.jugem.jp/trackback/327