12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Trackback
what time is it?
counter
無料カウンター
.
あわせて読みたいブログパーツ
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
<< 青池と展望風呂 | main | 移動いたします >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

十和田観光

 8月29日

十和田に行く為、実家を早めに出る
前よりも耳の遠くなったおばあちゃんがおこずかいをくれたので
ありがたくもらった。
今度はおばあちゃんにおこずかいあげるね。

最初に十和田湖へ向かう。
湖畔にたどり着くまでの山道が結構険しく
くねくねのコースだったが
湖畔の林道は爽やかな緑が連なり気持ちいい。
遊覧船に乗り、グローブ型をしている湖の中をクルージング

しかし、朝早かったのもあり
私も点線顔も途中でウトウト。
皆さんも気持ち良さそうにウトウトしてた。
紅葉の時季や雪がふることなんかはもっと綺麗なんだろうな。
透明度が高いと言う事をしきりにアピールしていたが
十二湖の青池を見た後だったので、あまり響かず

十和田湖にある、もう一つの見所は高村光太郎が奥さんの為に作って
顔だけ奥さんにしたという「乙女の像」をみるため湖畔を歩く

二人とも思ったよりも十和田湖に関して感動をうけなかったね〜と
話しながら市内に向かう。
お目当ては十和田市現代美術館
市役所や図書館や公民館の中にあり
野外アート展示スペースもあって、ここは入場料なしで
公園のようにみんなが自由にアートに触れ合える

草間彌生の水玉アートのオブジェが並んだ場所は
そこだけ違う空間のよう

メインの美術館の前にはお花の馬だったり
でかい赤いアリがいたり
カフェとお土産屋さんの外壁もアートしてた

中の作品はどれも興味を引かれるものばかりで
なかを巡っていくのが楽しかった
特別企画では草間彌生を取り上げていて
今回は町中も赤の水玉で占領されていたよ
銀行や商店街のドアやショウウィンドウが赤水玉に!!

館内の作品で一番印象深くて楽しくて可愛かったのが
ザンプランド
http://www.city.towada.lg.jp/artstowada/artworks/artwork17.html

これには二人してオォーと興奮
体験型アートとでもいうのでしょうか?
見た人、体験した人にしかわからないアート作品でした。

近くのパスタ屋さんで食べたナポリタンがこれまた美味しくて
今日も満足な青森観光だった。

田舎の代名詞のような青森県
出身であることが恥ずかしかった時期もあったけど
帰省するたびに、いい所だなぁと思えるようになった

近代美術館も県内にちらほらあり
観光地も湯所も沢山あって
白神山地もあれば、日本海も太平洋もあり
食べ物は美味しいし
青森県の形も美しい

無理矢理来てとはいわないけど
くる機会があったら、青森によってみるといいよ
きっと楽しいと思う

そうして、岩手は雫石まで移動した一日だった。

| 旅行 | 12:16 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 12:16 | - | - |
Comment
あきひとくん

お久しぶり。すごくお久しぶりだね。
そしてすごく嬉しいよ。
お医者の道を進んでいる君はさぞ逞しくみえるんだろうなぁ。お疲れさまです。嘆きの日々の中にも自分の中では答えが決まりつつあるんじゃないかな?と。

そして、私の事を少しでも思い出してくれて覗きに来てくれてありがとう。
色々あったけど、今は妊婦生活を楽しんでいて、ucの悪化もあったから検診のときは毎回消化器内科も併診してフォローしてもらっているよ。

また、休憩時間が出来てふと思い出した時に覗きに来てください。予定日は一月初めだよ。
2010/09/06 10:19 PM, from akiko
凄いお久しぶりです。久しぶりに覗いてみました。
おめでとうな。出来事があったみたいで何よりです。
自分の不甲斐無さに落ち込み、相変わらず理不尽なこの特殊な職種に嘆いてみたり、どうやら僕は昔のまんまの子供のようです。
行く科も決め関東に残るか、実家に帰るか。またしても嘆く毎日です。今日も気付いたら今この時間にようやく休憩がとれ医師室にいる自分がいます。
疲れて仕事したくないですが、お姉ちゃん、おめでとうです。さらばー
2010/09/06 9:07 PM, from akihi









Trackback
url: http://starrises.jugem.jp/trackback/329